旅欲・物欲・食欲

趣味の旅行・買物・食事についてひたすら記録…

coral tree cafe 石垣の素敵なカフェ

石垣2日目。

昨日あまりに朝から晩まで車で走り回り、宿の方と飲みすぎた事もあり、最初は竹富島でも行こうかと考えてましたが、天気も悪い事もあり、宿でゆっくり過ごすことにしました。

飛行機は3時半なのでまだ余裕あります。折角なので明石食堂で感激した沖縄そばをもう一度頂こうと思い、宿の方から色々と情報を仕入れていたのですが、その中のオススメがこちらのcoral tree cafeさんになります。そば屋さんではないんですけどね。。

ということで雨の中到着しました。外観はこんな感じです。

f:id:ryoshimokita:20171115000251j:plain

ぱっと見何屋さんか分からないんですが、手描きの看板でカフェということが分かります。

f:id:ryoshimokita:20171115000423j:plain

それでこの左側のメニューが宿の方のオススメ、特製豚丼セットです。限定10食、売り切れてたらショック。。

中に入るとこんな感じです。

f:id:ryoshimokita:20171115000927j:plain

f:id:ryoshimokita:20171115001256j:plain

カウンターとテーブルがあり、空間を贅沢に使ってます。

今時のカフェですね。石垣にはちょっと珍しいかも。宿の方によるとご夫婦で移住されて経営されているみたいです。

肝心の特製豚丼はまだオーダー可能とのこと。

もう一つオススメはアサイーバナナスムージー、こちらと豚丼をセットで頂きました。

豚丼来ました。

f:id:ryoshimokita:20171115002135j:plain

野菜もたっぷり、豚は絶品、あとご飯も最高です。黒米を使われているそうです。量もたくさんで、お腹一杯です。またこのスープも絶品。。

ご飯も残さず頂いたところ、スムージー到着。

f:id:ryoshimokita:20171115002441j:plain

アサイーって黒いんですね。アマゾン原産のスーパーフルーツだそうです。バナナと混ぜている事もあり、全く癖のない味でとても美味しいです。ブラジルではポピュラーみたいですが、日本では珍しいですよね。

セットで1000円ちょっと、味も量も大満足のお店でした。次はコーヒーも頂きたいです。

 

ameblo.jp

ちゅらククル石垣島 石垣のゲストハウス

いつもの様に1人旅の時は人との出合いがあるゲストハウスへ。

今回は日程が直前まで決められなかったこともあり、ぎりぎりのタイミングであまり調べずにbooking.comで予約。

予約可能な宿からいちばん良さそうな、ちゅらククルさんを選んでみました。

写真で見るとめちゃくちゃキレイなんですよね。期待できます。

実際は夜到着したんですが、写真が分かりにくいのでお昼に取り直しました。

入口です。

f:id:ryoshimokita:20171113235019j:plain

マンションの一階にあります。ちなみに系列のホテルが最上階にもあるみたいです。(未確認)

中に入ってみます。

f:id:ryoshimokita:20171113235239j:plain

入ってすぐ右側がレセプションでした。これは反対側のソファーから撮りました。

内装は木をふんだんに使って、いい感じです。聞くところによるとできてまだ1年だそうです。

入って正面が共有スペースになっているんですが、これが綺麗で広い!

f:id:ryoshimokita:20171113235534j:plain

正面の棚にはマンガがたくさん。長期滞在危険です。

f:id:ryoshimokita:20171113235742j:plain

左側はお座敷になっていてそこにはテレビが。

ここで夜な夜な飲み会でしょうか。ちなみにこのスペースはチェックインの時間しかつかえないので、昼間は居れないんですよね。

この写真の左側にあるドアが男性用ドミトリーの入り口です。入ってみます。

f:id:ryoshimokita:20171114000242j:plain

通路に沿って左側右側ともベッドがたくさんあります。ドミトリーなんですが、完全に

プライベート確保出来ます。ちなみに自分のベッドは右側の上段になりました。

寝る所はこんな感じです。

f:id:ryoshimokita:20171114000906j:plain

セーフティーボックスも完備。タオルと歯ブラシも付きます。これはうれしい。

綺麗なスリッパも貸してもらえます。滞在中は雨も多かったのですが、傘もずっと借りてました。。

敢えて問題点を上げるのであれば、お酒の常備はないのでコンビニで購入が必要なのと、贅沢な共有スペースが広すぎて、気楽に宿のお客さんに話しかけられないことでしょうか。

とにかくドミトリーの中での快適さは今までで最高レベルです。宿の人も親切で、食事の場所とか色々と教えてくれます。

次回もここで決まりですね。

 

ちゅらククル石垣島 | 石垣島の心【ククル】が通い合うゲストハウス

ツル商店 チキンライスが絶品の石垣のお店

石垣最初で最後の夜、何を食べようか、宿の人にいろいろと聞いて、出かけようとしたら、ちょうど同じ宿の男性2人が食事に出かけようとされていたので、3人で行くことになりました。

こういうのがドミトリーの良いところですよね。

1件目はごく普通の居酒屋さんで、石垣牛の鉄板焼きとタタキがとても美味しくて、気分良く2軒目に突入。1軒目のお店の目の前にあり、偶然見つけたお店がこちらのツル商店さんになります。

f:id:ryoshimokita:20171112144949j:image

外観から既にいい雰囲気出てます。

f:id:ryoshimokita:20171112145352j:image

こちらの名物は海南チキンライスですが、飲むだけでも良さそうですね。

中はこんな感じです。

f:id:ryoshimokita:20171112145446j:image

さて、頼んだのは締めのチキンライスです。こちらも大中小あるんですが、締めだったので小を選びました。10分程度経って、いよいよチキンライス登場です。

f:id:ryoshimokita:20171112150314j:image

タレが2つ付いていて、黒い方が甘め、黄色い方が辛めです。黒いのは甘過ぎたので、黄色いので味付け。これがまた絶品で、あっという間に完食… サイズ大にしとけば良かった…

流石に小を追加するのも気がひけるので、すごすごと退散いたしました。

軽く飲んで食べるには最高のお店だと思います。

次回の楽しみが増えました。

 

Google マップ

明石食堂 石垣島の行列のできるお蕎麦屋さん

朝9時半に新石垣空港に到着。あまりに朝早かった為、ほぼ全て寝てました。

当初予定では初日は原チャリでも借りて島中を走り回ろうと思っていましたが、生憎の雨。。

原チャリレンタルは少し事前に調べていたんですが、しょうがないので急遽レンタカー手配することに。レンタカー送迎バス乗り場でいろいろと話を聞き、結局いつものニッポンレンタカーお世話になりました。10時から19時までで6500円。

市内に乗り捨て可能なところがあまりなかったので、そこが決め手となりました。値段だけだともっと安いところあると思いますが。

しかし事前準備しなさ過ぎ。。旅慣れると良くないですね。。

ということでレンタカーで1日使って島巡りを行うことにしました。

正直石垣島は観光自体はあまり面白くないです。なのでまずは食事ですね。

かなり時間が余りそうでしたので、Googleマップで集落を見つけるととにかく入っていったんですが、その際に偶然見つけたのがこちらの明石食堂さんになります。

f:id:ryoshimokita:20171112142241j:image

なんかやけに車の駐車が多くて、何かイベントでもやってるのかと思い、車を停めて歩いてみたら、すごい行列のお店が。。

f:id:ryoshimokita:20171112142628j:image

これでもかなり空いてきた時の写真です。1人なので早く回ってくると思い、名前書いて、いろいろとその辺を海の方まで歩いて帰って来ましたが、まだ全然順番は来ず、結局1時間かかりました。。

いよいよ順番です。カウンターに案内してもらいました。蕎麦は3種類。八重山と野菜とソーキそばです。

f:id:ryoshimokita:20171112143302j:image

サイズが大中小とあります。

今回は豚の三枚肉が気になったので八重山を選んでみました。

お店の中はこんな感じです。

f:id:ryoshimokita:20171112143749j:image

こちらでお料理。

f:id:ryoshimokita:20171112143851j:image

こっちで頂きます。

いよいよお蕎麦登場。

f:id:ryoshimokita:20171112143954j:image

麺はごく普通ですが、三枚肉とスープが絶品ですね。ものの5分で完食しました。。

1時間並んだものを5分で食べるのはなかなかです。。サイズ大にしとけば良かった。。

 

Google マップ

ARTnSHELTER 鮫洲のドミトリー

石垣島出発の前日、出発時間を確認すると朝の6時。始発で出ても間に合いません。これは前泊必要ということで急遽羽田近辺の安宿に泊まってみました。

今回お世話になったのが、鮫洲の駅近くにある、ARTnSHELTERさんになります。

急遽宿泊当日の夜10時に予約した為、前情報何もないかな鮫洲の駅に到着。入り口はこんな感じでした。

f:id:ryoshimokita:20171112135946j:image

なんか普通の宿とは雰囲気が違う。。

中に入ると

f:id:ryoshimokita:20171112140317j:image

映画を流してたり

f:id:ryoshimokita:20171112140432j:image

絵が飾ってあったり

f:id:ryoshimokita:20171112140551j:image

作業場があったりします。このドミトリー全体にアートっぽいものがたくさんあるのです。

宿のお兄さんに聞いてみたら、いろいろと海外のアーティスト含めてサポートされているとのこと。

面白いコンセプトの宿ですね。

共有スペースはほぼ外国人の女性がいろいろと調べ物や勉強をされている感じでした。

お酒もたくさんあります。好きなものを何でも作ってくれますね。

f:id:ryoshimokita:20171112141004j:image

宿の機能としては、普通でした。

タオルは200円有料。料金は3000円。

話のネタとしてはいいのではないでしょうか。

EVA AIR ラウンジ The STAR 台北桃園空港

あっという間に台北旅行終了。。楽しい時間はあっという間です。

日本に戻るフライトが朝早いこともあって、最後の晩は母親とホテルでゆっくりしていました。いい部屋だったしね。

翌朝、九份観光に連れて行ってもらったタクシーのドライバーさんに空港まで送ってもらえるようにお願いしておきました。朝6時きっちりにロビー前に来て頂きました。

タクシーで桃園まで移動。今回はタクシー多用しましたが、台湾は安くていいですね。

空港でさっさとチェックインし、ラウンジに移動です。今回は全日空ですので、行きの羽田はいつものANAラウンジ、帰りの桃園はEVA AIRのラウンジになります。

f:id:ryoshimokita:20170927004125j:plain

ラウンジがたくさんありますね。どこに入ればいいんだろう。。とりあえず上がってみます。

f:id:ryoshimokita:20170927004423j:plain

右側にも左側にもEVRのラウンジがあります。GARDENではないのでたぶん右側だと想像。近くに行って見ると。

f:id:ryoshimokita:20170927004631j:plain

全日空の表示がありました。中に入ってみます。

f:id:ryoshimokita:20170927004757j:plain

受付はペッパーくんでした、ということはなく、男性と女性が一人ずつ自動ドアのところから張り付きで待機されてました。気合入ってます。

受付を右側に行くと、The INFINITY、左側に行くとThe STARです。スタアラゴールドが入れるのはSTARになりますので右に曲がります。中に入るとこんな感じです。

f:id:ryoshimokita:20170927005133j:plain

広々としてますね。結構混んでますが、席は十分です。成田行きが出る前なので、自分みたいなスーパーフライヤーズだけを持っているお客さんが多いんでしょうね。。

早速食事をチェック。

f:id:ryoshimokita:20170927005511j:plain

色々とスタイリッシュです。いちばん最初に目に入ったのはこちら。

f:id:ryoshimokita:20170927005847j:plain

アイスクリームに目のない自分は早朝からハーゲンダッツ頂きました。。

あと気になったのはご当地系のお料理。

f:id:ryoshimokita:20170927010027j:plain

肉まんと麺を頂きました。もちろん朝からビールも。。

設備もお料理も飲み物もかなり充実してましたね。想像ですが、日系のラウンジをかなり意識しているような気がしました。

EVAって台北経由で安く色々なところに行けるので個人的には大好きな航空会社です。

次回の旅行に是非乗ってみたいなと思いました。

今年飛行機乗るのはあとは年末までは国内線だけですが、ラストスパートかけたいと思います。

 

http://www.evaair.com/ja-jp/managing-your-trip/airport-and-transportation/lounges/taiwan-taoyuan-international-airport/

九份 千と千尋の神隠しみたいな場所

十分の次は九份に移動です。今回の台湾旅行のメインイベント。

本当かどうかは分かりませんが、千と千尋の神隠しのイメージは九份をモデルにしてると噂されてるそうです。

まずは十分から海沿い基隆市という街に移動。さすがにお腹がすいたので昼飯です。

海辺の街なので狙いは海鮮です。ドライバーさんの紹介でこちらの阿本活海産さんへ。

f:id:ryoshimokita:20170924225909j:plain

お店は入り口のところに色々な魚や貝が並んでます。

ここで直接選んで料理して頂きました。

f:id:ryoshimokita:20170924230228j:plain

色々注文しましたが、外せないのはやはりえび。

f:id:ryoshimokita:20170924230510j:plain

たくさん頼みすぎたかと思いましたが意外と簡単に完食してしまいました。

基隆を出て、少し海沿いを走り、しばらくすると山間の道に入っていきます。

かなり高いところまで上がってくるといよいよ九份です。

f:id:ryoshimokita:20170924233034j:plain

何となく軽井沢ぽいですね。

九份は、土産物屋が連なる基山街という通りと、階段がほとんどの豎崎路という二本の道が観光のメインとなります。

まずは基山街の入り口へ移動、目印はセブンイレブンです。

f:id:ryoshimokita:20170924233233j:plain

中はお土産屋さんや食べ物屋さんでいっぱいです。もちろん人もいっぱい。。

f:id:ryoshimokita:20170924233526j:plain

人の流れに合わせながらずっとまっすぐ行くと急に見晴らしが開ける場所がありました。

f:id:ryoshimokita:20170924234120j:plain

海と山が近い場所って香港や神戸もそうですけどとても綺麗ですね。少し感激。

そこからちょっと戻って、豎崎路に向かいます。

f:id:ryoshimokita:20170924234343j:plain

何となくいい感じ。この下に行くとかの有名な阿妹茶楼があります。やっと到着。

f:id:ryoshimokita:20170924234745j:plain

やはり雰囲気抜群ですね。電線がかなり残念ではありますが。

もう少し暗かったら更に雰囲気が良かったと思います。

ずっとここに居たかったんですけど、小さい子供達がさすがに飽きてきたみたいでさっさと退散。途中少し気になったぜんざい屋さんへ移動。

f:id:ryoshimokita:20170924235624j:plain

f:id:ryoshimokita:20170924235402j:plain

暖かいのと冷たいのと両方あります。

こんな感じです。意外と小豆が少ない。。

f:id:ryoshimokita:20170924235524j:plain

一杯50台湾ドルでした。喉が渇いていたので美味しかった。。

九份ショートトリップもこれで完了。ゆっくりと台北に戻ります。